土と水ホールディングス
ロゴ

測量技術 (UAV、ROV、Nソナー)

UAVを用いて静止画・動画撮影、レーザー測量、ライブ配信を行います

UAVを使用した静止画・動画撮影に加えて、UAVによる空中写真測量・レーザー測量・ライブ配信を行っています。特に、山岳地等アクセスが難しい場所や斜面災害発生場所における撮影を行っており、それらの場所の状況把握や地形データの提供を行っています。また、撮影場所周辺の地形・地質状況を踏まえた、適切な調査方法の提案も行っています。

静止画・動画撮影

UAVに搭載したカメラで空中から静止画・動画撮影を行います。山岳地や急傾斜地など、地表でのアクセスが困難な現場の迅速な状況把握に有効です。

レーザー測量

レーザーを用いた地形測量

UAVレーザー計測システムを用いて3次元地形データを取得します。空中からの測量を行うため、山岳地や急傾斜地など、地表でのアクセスが困難な現場にも適応しています。UAVレーザーは従来の地上レーザー測量に比べ、広範囲のデータを短時間で取得でき、効率的な作業が可能です。

3次元地形データの解析

レーザー測量では詳細な3次元地形データが得られるため、地形図の作成、地形断面図の作成、距離計算、面積計算、体積計算などの解析が可能です。目的に応じて地質状況やその他の調査結果と合わせた総合的な解析を行うことで、調査をサポートするデータを提供します。

業務実施例(UAVレーザー)

フィルタリングにより植生の影響が除去できるため、植生下の地形も取得可能です。森林のような植生が発達している現場においても、既往の地形図よりも詳細な地形図を作成することができます。

使用機材および性能

使用するレーザー測量システムとその性能は以下のとおりです。

システム種別型式主な性能
レーザ測距装置(GNSS/IMU)YellowScan社製 Yellow Scan Surveyor正確度5 cm、測定数30万shot/秒
UAV(ドローン)DJI社製 Matrice 600 Pro最大伝送距離3.5 km
解析ソフトウェアTerrasolid社製 TerraScan点群3次元表示、フィルタリング処理機能

活用例

レーザー測量は様々な場面でご活用いただけます。

ライブ配信

現場確認代行サービス

プロポーザルの技術提案書の評価点向上のヒントは「現場」のあちこちに散らばっています。しかし現実には「事前に現場を確認したいが、忙しくて現場に行くことができない」、「現場の情報を迅速かつ複数人で共有したいが、出張の負担軽減・コスト縮減をはかりたい」という悩みもあります。この悩みを、ドローンによるライブ配信が解決します。

_

PAGE TOP