土と水ホールディングス
ロゴ

室内試験(土質・岩石)

信頼されるCONSULTING LABORATORYを目指して

「地盤物性研究室」は、地質調査を主要事業とする中央開発株式会社の自社試験室です。
 地盤材料を対象とした高精度な要素試験をツールに地盤調査の一翼を担い、建設・環境保全・防災事業等に貢献いたします。
 地盤物性研究室は、地盤物性値の評価や設計ニーズに対し、適格な方法を検討・解析・提案するコンサルティングを行うとともに、最適な地盤物性値を提供する信頼されるCONSULTING LABORATORYを目指しております。

業務内容

地盤物性研究室で行っている代表的な試験の一部をご紹介いたします。

物理試験

物理試験は、土の基本的な性質である土の状態量を数値化し、土固有の粒度やコンシステンシーを求め、これらの特性に基づく土の分類などから土の性質を求めます。粒度試験、土粒子の密度試験や土の含水比試験、土の液性限界、塑性限界試験などがあります。

DSC_0541 DSC_0532 DSC_0538

土質試験

土の強さは土の種類、堆積環境・状況などにより変化します。応力状態やせん断時の排水条件などによっても異なります。このため、調査地では設計や施工条件に応じて土の力学的性質を調べる必要があります。代表的な試験に土の強さを調べる一軸及び三軸圧縮試験や土の圧縮性を調べる圧密試験などがあります。さらに地震動、波浪、交通荷重、機械震動などによる繰返し応力が作用する場合には、土の動的挙動が問題となります。繰返し非排水三軸試験(液状化)や繰返し変形特性試験によって、地震や震動の特性、地盤の動的特性を把握し、それらの影響を予測します。

DSC_0391 DSC_0545

岩石試験

岩石試験は、様々な岩種の強度・変形特性を明らかにし、地質の構造、岩質、岩盤分類などを行い、基本的特性を把握します。がけ崩れの対策工の検討や設計、構造物の築造や掘削工法の設計・施工に必要な基礎資料として用います。また重要構造物では岩盤や大深度における地震などの振動特性を把握するため、高負荷・高拘束圧による繰返し変形特性試験を実施して動的特性を予測します。

DSC_0389DSC_0529

DSC_0399

特殊試験

室内試験は、地盤の状態を精度良く再現するために複雑なニーズにお応えしなければなりません。施工状況や災害など様々な応力・変形履歴を想定・模擬し再現する必要があります。例えば液状化現象による流動化について、液状化強度とともにその後の残留強度を測定することや斜面崩壊におけるせん断強度や軟化強度の測定については繰返しの一面せん断試験などにより求めております。また、道路や鉄道、河川堤防など盛土・切土地盤は不飽和状態である部分が多く、その浸透や力学特性を把握することも重要になってきております。

<装置事例>

電磁クラッチ式精密載荷装置

高精度一面せん断装置(繰返し載荷制御可能)

不飽和三軸圧縮試験装置(二重セルタイプ)

弾性波速度測定システム(ベンダーエレメント:ディスク型)

高精度K0圧密三軸圧縮/伸長試験装置

高精度K0圧密三軸圧縮/伸長試験装置

その他:材料試験・研究実験・フィールド計測

地盤物性研究室では地盤材料試験に係る実験や計測を担い、様々な活動をしております。

P1020568

IMG_0204

IMG_1568

ご紹介している試験はごく一部です。その他特殊な試験条件などについては、ご相談ください。
HP用 岩石写真

平成30-31年度 主な業務実績(一部抜粋)

  • 平成29年度 東京国際空港J誘導路他土質調査
  • 平成30年度 東京国際空港B誘導路及びC誘導路土質調査
  • 河川堤防のパイピング現象の照査
  • 検証に係わる実験業務
  • 東京外かく環状道路中央ジャンクション南側構造物基礎調査
  • 高崎~安中榛名間16K900m付近外盛土耐震診断作業
  • 再生砕石RC40-0の材料適合試験
  • 八ッ場ダム本体建設工事のうち発生土の材料適合試験
  • 神戸港臨港道路等土質調査(二工区)
  • 平成31年度大分港海岸土質調査
  • 極超微粒子セメント浸透固化工法に関する実験作業
  • 令和元年度由比西倉沢地区地すべり地質調査業務
  • 秋田第6(雄勝)地区耐震対策農業水利施設整備業務委託
_

PAGE TOP