土と水ホールディングス
ロゴ

モニタリング事例

日本全国のモニタリング事例を、「斜面・法面監視」・「河川水・地下水監視」・
「環境監視」・「安全監視」に大別してご紹介します。

弊社のモニタリング技術は様々な現場で活用されております。全国ネットワークを生かした、迅速な対応をいたしますので、ご相談ください。

監視実績

北は北海道、南は沖縄まで、監視実績は全国にあります。平成28年4月に発生した熊本地震の影響による土砂災害地では、熊本県内にて5サイト、福岡県内にて1サイト、計6サイトの監視を行いました。

現在までの感太郎の実績

感太郎はこれまでに日本や海外でのべ1,200基以上を設置し、31基で崩壊あるいは不安定化を確認しました。

平成28年熊本地震

平成28年熊本地震により発生した土砂災害地では、監視・観測機器として感太郎を多数採用して頂きました。

kumamoto02kumamoto03kumamoto01

築石構造物の力学的安定性評価を目的とした遠隔モニタリング技術に関する研究

弊社機器「感太郎」を用いて、城郭石垣ならびに土構造物の変状を計測・分析し、力学的安定性の定量的評価をおこなう研究をしています(長崎大学と共同研究中:2019.10~2021.3予定)。

事例集

監視事例の一部をご紹介します。詳細は各事例のPDFをご覧ください。

分野Case No.概要PDF
斜面・法面監視Case-1地すべり滑動に起因した既設法枠工の変状進行監視PDF pdficon_small
Case-2被災斜面における二次災害発生に備えた斜面挙動監視PDF pdficon_small
Case-3施工時における切土法面の挙動監視PDF pdficon_small
Case-4施工箇所の上方斜面に分布する不安定岩塊の挙動監視PDF pdficon_small
Case-5熊本地震により被災した急崖法面の挙動監視PDF pdficon_small
河川水・地下水監視Case-6ゲリラ豪雨に備えた都市河川の水位監視PDF pdficon_small
Case-7山岳トンネル掘削施工時における周辺利用井戸の水位監視PDF pdficon_small
Case-8作業通勤路を横断する越流履歴のある河川の水位監視PDF pdficon_small
Case-9山岳トンネル施工に伴う地下水位低下工事(ディープウェル工法)
による水位及び水質の監視
PDF pdficon_small
環境監視Case-10道路施工時における周辺商用井戸の水質監視PDF pdficon_small
Case-11建設施工時における近接する共同溝の振動監視PDF pdficon_small
安全監視Case-12夏季における屋外工事での熱中症監視PDF pdficon_small
Case-13地盤改良施工時における隣接する鉄道軌道への影響監視PDF pdficon_small
Case-14ストックマネジメントを視野に入れた鉄道橋脚の挙動監視PDF pdficon_small

 

土砂災害のリアルタイム監視についての簡易リーフレット[PDF:1.35MB]

 

愛知アクセラレートフィールドにて弊社感太郎のプロジェクトが掲載されました。

愛知アクセラレートフィールドにて感太郎と観測王による斜面監視のプロジェクトレポートが掲載されました。

REPORT0008:傾斜センサーとWEBを利用した法面の遠隔監視システム

 

※愛知アクセラレートフィールドとは「愛知道路コンセッション(株)が中心となって抽出した社会インフラの運営・維持管理上の課題に対し、これを解決する新技術のマッチングを行い、供用環境にある実際のインフラ施設を活用して技術実証を行いながら課題の解決を図るものです」(愛知アクセラフィールド公式ページ:OUTLINE しくみの概要より抜粋)

弊社感太郎は「【課題番号 0005】長期間低コストでインフラ施設をモニタリング」に対し実際の愛知県有料道路内にて実証実験を行いました。大雨時の斜面変異をキャッチし警戒メールを自動送付する等、実証試験中大きな成果がありました。

 

_

PAGE TOP