ロゴ

IFCS

砂礫層・破砕帯から緩みのないコアが採取できる「高品質コアボーリング」IFCS工法
図1

中央開発(株)ではマイクロバブルを使用した高品質コア採取工法、IFCS(Improved Fresh-Water Core Sampling)を開発しました。
この工法により、緩い砂層・破砕帯・地すべり層等、通常では採取しにくいコアを緩みの少ないコア状態で採取可能となりました。IFCS工法を使用することにより、地下数百メートルまで日進3~12m、口径66~116mmで連続採取可能です(特第4025485号)。

特徴

原理

0405_03潤滑性のある掘削水に微粒気泡を混ぜて送ることで、掘削ロッドやビットの摩擦を軽減すると共に、微粒気泡の自動スライム排除機能により、これまでの清水や泥水による送水よりも低圧・低量で、送水可能になりました。その結果、ビットの切れ、スライム排除効率が飛躍的に向上し、 送水圧が間隙水圧とバランスすることで、孔壁やコア内への清水浸透・微粒分流失が防げるため、良質なコアが効率よく採取可能になりました。

装置

装置は基本的に、これまでのボーリングマシン、ポンプのような掘削ツールに、界面活性剤混入タンク、送気ポンプ、発泡装置を付加するだけで利用出来るため、これまでの気泡型に比べて、経費の大幅な節減が可能(当社比)になりました。

写真2bスライム排出状況_6893

スライム排出状況①

写真2a スライム排出状況2070

スライム排出状況②

長所

  1. 微量添加界面活性剤の効果で、礫や粘土を含むコア表面の滑らかな掘削が可能になり、コア観察等の設計・評価情報が精度よく迅速入手可能になりました。掘進長の開発目標は、通常工法(清水・泥水掘)と同等の 地下1000m程度です。(緩みのない高品質コアが特徴)
  2. 清水掘に比べ使用水量が減るとともに、機材の分割小型化により、山岳地の水仮設が容易です。
  3. 操作性は、従来型気泡工と異なり、通常工法(清水掘)と差が無く、地下水量や水質にも左右されません。従って掘進速度は、従来型気泡工に比較し大幅に向上し、清水堀りとほぼ同等です。
  4. 界面活性剤は中性なもので、また、使用掘削水量の低減は環境負荷低減に寄与します。

業務実施例および採取コア

岩盤や土砂など様々な場面で「高品質サンプリング」としての実績があります。

軟弱層(砂)コア採取状況と断面

軟弱層(砂)コア採取状況(上)と断面(下)

IFCS工法のダム調査への適用例-②

IFCS工法のダム調査への適用例

IFCS工法のダム調査への適用例-①

IFCS工法のダム調査への適用例

実績

  • 神奈川県足柄平野南部におけるボーリング調査
  • 布目ダム下流地質調査補助業務
  • 千葉県・茨城県下利根川下流域ボーリング調査(その1)
  • 茨城県神栖市地質調査補助業務
  • 構内における微生物対応コア採取及び観測用井戸設置に関するボーリング業務
_

PAGE TOP