➲ 土と水ホールディングス ❐

BIM/CIM

3次元地盤モデルの構築

国土交通省が提唱する i-Construction の取組において、BIM/CIM(Building/Construction Information Modeling, Management)を活用することによりICTの全面的活用を推進し、CIMモデルを活用するために必要なサーフェスモデル、ソリッドモデルを作成し、後続業務に引き継ぐことを目的とする。具体的には、ボーリングデータや地質断面図等の地盤情報から3次元地盤モデルソフトを使用して3次元地盤モデルを構築する。

業務内容

作成手順

下記手順に従って、CIMにおける3次元地盤モデルを作成する。

  1. 業務の目的や用途を考慮し、3次元地盤モデルを作成する範囲を設定し、地層境界面モデルの補間計算諸元を設定する。
  2. 平面図CADファイル、ボーリングデータXMLファイルと地質断面図CADファイルを3次元地盤モデルの作成ツールに登録する。
  3. LPデータや国土地理院の数値標高モデルから、地形モデルを作成する。
  4. ボーリング調査地点における地層境界点および地質断面図に示される地層境界線から、地層境界面モデルを作成する。
  5. 地層境界面モデルから、3次元地盤モデルを作成する。
  6. 3次元地盤モデルの妥当性を確認するために、3次元地盤モデルと地質断面図を比較し、3次元地盤モデルの再現性を確認する。

実績

  • 荒川第二・三調節池囲繞堤地質調査(昭和地先)
  • 上麻生七宗地区地質調査
  • 東京湾岸地域を対象とした3次元地盤モデル構築手法の適用性評価
  • 福岡空港物理探査外
_

PAGE TOP