中央開発社友会

社友会発足しました

中央開発にOBが構成する社友会が発足しました

平成22年6月、中央開発社友会が発足しました。これから少しずつ内容を充実させてまいります。皆様よろしくお願いいたします。

中央開発社友会発足について

 かねてより、会社を退職された一部のOBの方々から、OB会の立ち上げ構想が持ち上がり、社長を含めた5名の発起人(瀬古富雄、羽山忠雄、岡野軍治、後藤 侃氏)が昨年末より準備会を重ね、設立に向けた諸準備が進められてきました。
 さる6月28日には中央開発のOB会設立総会が本社4階会議室において開かれ、正式に「中央開発社友会」として発足しました。
 設立にあたっては、コンパクトな組織としてスタートを切り、一応の目安として、会員となっていただくOBの対象条件を「現在は会社を離れ、過去に20年以上、部長職以上を務めた元社員」とし、68名の方々を選抜させて頂きました。今後、この条件は緩和し、会員の推薦を基に順次拡大していく計画となっておりますので御承知置き下さい。
 設立総会には、全国各地から32名の会員が出席され、P古新助元会長を始めとする物故者の方々に黙祷を捧げた後、審議に入り「会則」、「役員の選任」や「運営方法」等について議案が上程され、全会一致で原案どおり承認されました。
 決定した役員については、社友会の構成についてをご覧ください。
 社友会をよろしくお願いいたします。

中央開発本社イメージ
©2010〜 中央開発社友会