ロゴ

JICA技術協力プロジェクト及び無償協力

水に取り組む開発コンサルタント

業務内容

海外事業部は1973年に設立し、これまでに国際協力機構(JICA)、旧国際協力銀行(OECF、JBIC)、世界銀行、米州開発銀行などから受託し、世界の90カ国以上、350以上のプロジェクトに携わってきました。
 現在では、水分野の中でも無収水管理の技術協力プロジェクトが大きな比率を占めており、ケニアやブラジル、パラグアイにおいて無収水管理プロジェクトに従事しています。世界的に飲料水の供給が逼迫している現況を鑑みると、「水分野」プロジェクトは今後益々増えていくものと想定されます。「水」は21世紀の世界的ビジネスになると言われていますが、水道事業を官民共同のパッケージで受注できるような体制を整え、業務展開をしていきたいと考えております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハイチで給水システムを整備する調査の写真です。
上水道の水源とする深井戸を掘削している状況です。

パラグアイ配水管理技プロ 01

パラグアイで実施した技術協力プロジェクト

実績

  • 2013年 品質・生産性向上分野技術協力プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)(北米・中南米地域)
  • 2013年7月~2015年4月 リオグランジドノルテ州小規模支援を目指したバイオディーゼル燃料のための油糧作物の導入支援プロジェクト(専門家派遣)(ブラジル)
  • 2010年9月~2014年11月 ケニア国無収水管理プロジェクト(第1年次~3年次)(ケニア)
  • 2012年1月~2014年3月 レオガン市復興のための給水システム復旧整備計画準備調査(ハイチ)
  • 2011年3月~2014年3月 パラグアイ国配水網管理技術強化プロジェクト(フェーズⅠ・Ⅱ)(パラグアイ)
  • 2009年4月~2010年3月 サンパウロ州無収水対策事業準備調査(F/S調査)(ブラジル)
  • 2007年7月~2010年7月 ブラジル国無収水管理技術協力プロジェクト(第1年次~第4年次)(ブラジル)
_

PAGE TOP