ロゴ

「2016年熊本地震」に関する速報 大分県被害状況

大分県の、別府-万年山(はねやま)断層帯付近では、4月16日(土)の熊本地震本震(M7.3)直後の 午前7時11分にM5.3、最大震度5弱の地震が起きた。この影響で大分方面でも大きな被害が生じた。 被害は急斜面の崩壊、道路路肩の崩壊、塀や石垣の崩壊が主な被害内容ある。また、被害は、北東-南西方向の 帯状に分布していることが特徴である。

大分地震3

出典:九州の活構造(1989)九州活構造研究会編より引用

(A)湯布院温泉付近

P1

 

 

 

 

 

P-1-1

P1-1 石積崩壊

P-1-2

P1-2 斜面崩壊県道別府一宮線

P-2

P-2 ホテル段差

P-3

P-3 ブロック積崩壊

 (B)城島高原付近

2

 

P-4

P-4 ブロック積取付部崩壊、斜面崩壊

 

 

(C)別府市付近

P3

 

 

 

 

 

P-5

P-5 混合擁壁(ブロック積+重力式用壁)変状(段差)

P-6

P-6 別府駅方面

P-7

P-7 鉄輪方面(家屋屋根被害状況)

 

(D)九重”夢”大吊橋付近

P4

 

 

 

 

 

P-8_1

P8 落石箇所

P-9猪牟田付近被災状況

P9 斜面崩壊箇所

 

 

 

 

 

(こちらで使用している地図は国土地理院 地理院地図を引用の上、加工したものを利用しています.)

_

PAGE TOP